米ミスフィット社、様々なシーンで身につけられる活動量計「Misfit Ray」をCES2016にて発表

ファッショナブルな活動量計を世界で展開するMisfit(以下:ミスフィット社)は、2016年1月5日、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスで開催されたInternational CES2016において、同社の活動量計ラインナップに新しく「Misfit Ray(ミスフィットレイ)」を追加することを発表した。

amisfit

Rayはモジュラーコアなデザインを継承しながらも、新しい形状を実現し、ミスフィット社製品のなかでもっともシーンを選ばずに身につけられる活動量計となったと公表。

幅は12mm、長さ38mmのスマートなデザインと洗練されたラインにより、Rayは独特の装着感を実現したという。また、アルミ製で円筒状のデザインは、自社ブランドおよび他社製のMisfitアクセサリーを使って、手首だけでなくネックレスとしても身につけることができ、時計やブレスレット、宝石など他のアクセサリーとも自然にマッチするという。
Rayはフォーマルなシーンでもカジュアルなシーンでも、女性的にも男性的にも使え、目立たせることも控えめに身につけることもできるとのこと。

amisfit

既に発売済みのMisfit Shine2同様、3軸加速度センサーで睡眠と活動量を計測し、バイブレーション機能によるユーザーへの振動フィードバックが可能。この振動を利用して運動を促したり、SMSや電話の着信を知らせたり、無音の目覚まし時計にもなる。Rayは充電不要(電池使用で最大6ヶ月動作)、50M防水を実現。

さらにRayはMisfit Linkのアプリとも連動し、本体を数回なでるだけで、シンプルなメッセージを送信したり、家電を操作したり、音楽の再生停止、スマホのカメラのリモートシャッターなど様々な活用が可能とのこと。

色は、ローズゴールドとカーボンブラックの二色で、米国のMisfitのオンラインストア上で予約を開始、日本での展開は2016年前半、想定価格は12,800円(税抜)を予定していると発表した。

 

【関連リンク】
2016 International CES
MISFIT、エレガントな美しさと常識を覆す性能を併せ持つ 進化したファッショナブルな活動量計『SHINE 2』(シャインツー)を発売
MISFIT、Speedo社と共同開発 水泳ラップカウンターを搭載したオシャレな活動量計『Speedo SHINE』(スピード シャイン)を発売

Previous

ストラタシス・ジャパン、メーカーボット製 3Dプリンタ向け プリントヘッド「Smart Extruder+」を発表

グンゼ、NECのIoT技術協力で、着るだけで生体情報の計測が可能な衣料型ウェアラブルシステムを開発

Next