KDDIとWowma!が仕掛ける、ARを活用した新しいショッピングの形

KDDI、沖縄セルラーは、拡張現実技術であるARを活用し、ショッピングとナビゲーションにおける新しい体験を提案する。

ARインテリア特集

KDDIとKDDIコマースフォワード株式会社(以下、KCF)が運営する総合ショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」(※1)で、AR機能を活用してソファやテーブルなどの大型家具の配置シミュレーションが出来る「インテリアAR体験特集」を2018年9月21日より提供する。

Wowma! 内の「インテリアAR体験特集」に掲載されている各対象商品の「ARボタン」を押下するとAR機能が起動し、商品購入前(※2)に実際の部屋に対象の家具を配置したイメージを確認することが可能となる。

「ARインテリア特集」の詳細は以下の通り。

  • 特長
    ARカメラをかざすだけで、指定の場所にソファやテーブルなど大型家具の配置が可能。
    ARカメラでかざした家具(注1)を「Wowma!」で購入可能。
  • 対象端末
    iOS12以上のiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPad Pro(全モデル)、iPad(第5、6世代)
  • 提供料金
    無料

AR乗換案内 auナビウォーク

KDDIとWowma!が仕掛ける、ARを活用した新しいショッピングの形

また、KDDIと株式会社ナビタイムジャパンが協業で提供するiOS向けナビゲーションサービス「auナビウォーク」にて、2018年9月21日より、「AR乗換案内」を提供開始する。「AR乗換案内」は、対象のスマートフォンに搭載されたARカメラを駅看板にかざすことで、その駅の時刻表を表示する機能。利用者は専用のアプリケーションまたはブラウザから、駅名を入力して時刻表を検索するなどの手間を軽減することが可能となる。

「AR乗換案内」の詳細は以下の通り。

  • 特長
    駅看板をカメラで撮影することで、その駅の時刻表の表示が可能。
    アプリを立ち上げて時刻表を検索する手間を軽減。
    時刻表の表示は無料ユーザーでも利用可能。
  • 対象端末
    iOS12以上のiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR

「auナビウォーク」の詳細は以下の通り。

  • 提供料金
    無料
  • 利用方法
    App Storeより「auナビウォーク」アプリのダウンロードし、ダウンロードしたアプリを起動して、「auナビウォーク」の会員登録を行ったau IDでログイン。

※1 「ARインテリア特集」は、Wowma!のアプリケーションでは利用できない。
※2 購入が可能な対象商品は「ARインテリア特集」にて要確認。

【関連リンク】
KDDIコマースフォワード(KCF)
ナビタイムジャパン(NAVITIME JAPAN)

Previous

STマイクロエレクトロニクス、 測位用IC Teseo IIIを活用したGNSSモジュールを発表

日本電通グループ、IBM Watsonを活用した問合せ業務向けの低価格 AI チャットボット製品「CB4」の販売を開始

Next