NECのAI技術が三菱UFJ銀行の「住宅ローンQuick審査」に採用、最短15分で事前審査が可能に

NECのAI技術が、株式会社三菱UFJ銀行が提供する、住宅ローンの事前審査を短時間で行う「住宅ローンQuick審査」サービスに採用された。三菱UFJ銀行では、10月から同サービスの提供を開始している。

「住宅ローンQuick審査」サービスは、三菱UFJ銀行での既存サービスに比べて、少ない項目を入力することで住宅ローン事前審査を利用でき、最短15分(※)で審査結果の確認が可能となる。また、その後の住宅ローンに関する手続きは、全て、顧客のスマートフォンやPCで完結でき、利便性が大きく向上するという。

同サービスは、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つである「異種混合学習技術」が活用されている。具体的には、事前審査に必要となる多種多様なデータの中から規則性を自動で分析し、高精度な結果と根拠を分かりやすく示すことができるWhiteBox型の解析モデルがAmazon Web Service上に構築されている。

※三菱UFJ銀行調べ。審査回答までの時間を約束するものではない。また、審査回答までの時間は、利用の曜日や時間帯によって異なる。

【関連リンク】
三菱UFJ(MUFG Bank)
NECの異種混合学習技術

Previous

ウェアラブル世界市場、LTEモデル対応のアップルが1位:IDCが発表

ファーウェイ、イタリアのTIMとFastwebによる3GPP標準準拠の5G基地局商用化を5G商用機器提供で支援

Next