ファーウェイ、イタリアのTIMとFastwebによる3GPP標準準拠の5G基地局商用化を5G商用機器提供で支援

ファーウェイは、イタリアの通信事業者TIMとサービスプロバイダーFastwebが9月25日に開始した、3GPP標準準拠の5世代移動体通信(5G)基地局商用化を、コアネットワークやアクセスネットワークの構築を支援するエンドツーエンドの各種5G商用機器、ユーザー宅内装置(CPE)を提供し支援した。

TIMおよびFastwebは今後2018年末までに、同国南部プーリア州の州都バーリと世界遺産の洞窟住居で知られる町・マテーラで、5Gの商用展開(人口カバー率 75%)を実現する計画だという。

また3社は、バーリ市内のフィエラ・デル・レヴァンテで、5Gをスマートシティや交通、環境・遺産、ヘルスケア、港湾、AR/VR、文化・観光、道路、農業などの分野に応用した10種類のユースケースに関するデモを共同で実施した。

【関連リンク】
ティム(TIM)
Fastweb

Previous

NECのAI技術が三菱UFJ銀行の「住宅ローンQuick審査」に採用、最短15分で事前審査が可能に

Volkswagenとマイクロソフト、コネクテッドカー分野で協業

Next