SIGNATE、NEDO公募「AIチップ・次世代コンピューティング分野の技術開発の効率的・効果的実施に係る調査」をアイサンテクノロジーと共同受託

AI開発・データサイエンティスト人材採用・育成サービスを提供する株式会社SIGNATEは、アイサンテクノロジー株式会社と共に、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「AIチップ・次世代コンピューティング分野の技術開発の効率的・効果的実施に係る調査」に対して共同提案を行い、受託した。

同調査では、「先進的なAI技術アイデア及び人材の発掘・調査」と「優れた能力を有する人材の発掘及び人材育成手法の調査」で、AIチップ・次世代コンピューティング分野における優れた技術や先進的なAI技術の種となるアイデア及び人材の発掘、既存の延長線上にない発想や新規のアルゴリズム考案、AI技術(ハード・ソフト)を活用した新しいアプリケーションを創出できるような人材の育成を目指すとともに、その方式・方法の効果と課題について明らかにすることを目標としている。

SIGNATEは、アイデア及び人材発掘の方式・方法を検討するために実施するAIエッジコンテストの設計及び運営と、優れた能力を持つ人材の育成における実施・調査を、アイサンテクノロジーはAIエッジコンテストに必要な走行映像及び定点カメラによるデータの収集・整備を実施。

走行映像は専用に構築した車両を用い、主に東京都内にて、車両周辺を走行する他の車両、自転車、歩行者等を撮影する。定点カメラは、交差点を確認できる施設に設置し、走行映像と同じタイミングでの撮影を行う。撮影された映像には、タグ付け、シマンテックセグメンテーションの編集を行い、更には人物、車両ナンバー等には、秘匿処理の加工も実施するという。

【関連リンク】
シグネイト(SIGNATE)
アイサンテクノロジー(AISAN TECHNOLOGY)

Previous

DataRobotとマルケトが提携、AI活用のマーケティングを展開

Moff、ウェアラブルセンサー活用の高齢者向け体力測定アプリ「モフトレ・チェック」リリース

Next