クアルコム、Amazon Alexa対応のリファレンスデザインを発表

クアルコムは、Alexaアプリケーション搭載のAndroidスマートフォンユーザーがボタンを押すことでAlexaを起動することをサポートするBluetooth Smart Headsetリファレンスデザインを発表した。

このリファレンスデザインはクアルコムのBluetoothオーディオチップQCC5100シリーズに基づいており、メーカーがBluetoothヘッドセットをより効率的に低コストで開発する為のハードウェア・ソフトウェアを含んでいるという。

このリファレンスデザインは、Alexaのサポートに加え、長時間再生・電池寿命、高音質を実現するQualcomm cVcノイズリダクションをサポートし、メーカーはアクティブノイズリダクションやQualcomm apX HDのサポートを追加することも可能。

クアルコム、Amazon Alexa対応のリファレンスデザインを発表

Qualcomm Smart Headset Development Kitは、AlexaアプリケーションによりユーザーがBluetoothオーディオ機器とAlexaを簡単に接続することを可能にするBluetooth上のプロトコルであるAlexa Mobile Accessory Kitをサポートする。これにより、メーカーは、Alexaを統合する為の膨大なコーディングやBluetoothとは別の通信ハードウェア無しに、開発コストの低減・開発期間の短縮が可能だという。

Alexaに対応したBluetooth Smart Headsetリファレンスデザインは現在提供中だ。

Previous

KDDI、自動運転と連動したVRコンテンツ体験の実証実験を長野県で実施

OKI、機械学習活用の波形解析ソフトウェアライブラリー「ForeWave」販売開始

Next