日立、大型の産業機器事業を分社

株式会社日立製作所(以下、日立)は、2019年4月1日付で同社の大型産業機器事業を担うインダストリアルプロダクツビジネスユニットを、新たに設立する100%子会社「株式会社日立インダストリアルプロダクツ」として分社すると発表した。

日立では、「電力・エネルギー」「産業・流通・水」「アーバン」「金融・社会・ヘルスケア」の4つの注力分野がある。今回「産業・流通・水」分野のプロダクト事業強化を目的に分社化が決定された。吸収分割により、電機システム事業(高圧モーター、インバーター、UPS、PSC、産業用コンピュータなど)および機械システム事業(ポンプ、送風機、遠心圧縮機、試験機、小型無人搬送ロボットなど)を新会社「日立インダストリアルプロダクツ」に事業承継する。

この分社により、受注生産品を主とした大型の産業機器を手掛ける日立インダストリアルプロダクツと、主に量産品で構成される産業機器を手掛ける株式会社日立産機システム(以下、日立産機)の2社に日立の産業機器事業を集約する体制となる。独立した事業会社による機動的な事業運営と、徹底したモノづくりの強化を進め、グローバルで競争力の高いプロダクトを提供していくという。

Previous

東急住宅リースがマウスコンピューターと提携、入居者向け自宅をIoT化する「mouseスマートホーム」製品の提供開始

アスラテック、無人搬送車向けの遠隔操縦・管理ソリューションを開発

Next