AI活用の医療画像診断支援技術のエルピクセル、オリンパス・富士フイルム等から総額約30億円の資金調達を実施

エルピクセル株式会社は、オリンパス株式会社、富士フイルム株式会社、CYBERDYNE株式会社等を引受先とする第三者割当増資により、総額約30億円の資金調達を実施した。

エルピクセルは、医療画像診断支援技術の研究開発に注力している。近年、CTやMRI、内視鏡などの医療機器の高度化に伴い、医療現場で取扱う医療画像のデータ量は急増している。同社は、医療画像診断支援技術を提供し、医師の見落としや誤診を防ぐサポートを行い、効率的な医療の実現を目指している。

今回の資金調達により、同社が研究開発を進める、人工知能を活用した医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」を中心とする画像診断支援・画像解析ソフトウェア開発の加速、国内外での市場開拓ならびに販路構築、これらに伴う組織体制の強化等を進めるという。今後、法令ほか必要な手続きを経て、同技術が医療機器として使用できることを目指すとしている。

資金調達、参加事業会社昇順

  • オリンパス株式会社
  • CYBERDYNE株式会社
  • テクマトリックス株式会社
  • 富士フイルム株式会社

資金調達、参加ベンチャーキャピタル他昇順

  • SBIインベストメント株式会社
  • CEJキャピタル株式会社(CYBERDYNE子会社)
  • 株式会社ジャフコ

【関連リンク】
医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」
オリンパス(Olympus)
テクマトリックス(TECHMATRIX)

Previous

KDDI・東京大学・プロドーン・サムスン、「5G」ドローンを用いた4K映像伝送の実証実験を実施

atama plus、「合格しそう」をAIで判定する特許を取得

Next