マクセル、医療・ヘルスケアパッチ向け電池「Air Patch Battery」を開発

マクセル株式会社は、経皮投薬や連続血糖値モニターなどに用いられる医療・ヘルスケアパッチに適し、安全性・環境負荷に配慮したフレキシブルなディスポーザブル電池「Air Patch Battery(エアーパッチバッテリー)」を開発した。

この電池は、IoTやウェアラブル機器向けコイン形電池、ボタン形電池、小型ラミネート電池などで培った材料技術および製造技術に、新たに安全設計技術を融合し、発展させたもの。

世界の医療機器市場の売上高は、2015年3,710億ドルであり、今後年平均成長率5.2%で増加し、2030年には7,950億ドルに達すると見られている。なかでも医療・ヘルスケアパッチ市場は、インスリン、鎮痛剤などの薬剤投与、および血糖値、心電図、体温、皮膚の状態などの生体データ取得に用途が広がりつつあり、急速な普及が見込まれる。

医療・ヘルスケアパッチは、主に人体に直接に貼り付ける使用方法が主であるため、高い安全性が求められる。現在市販されている医療・ヘルスケアパッチは、電池の材料に酸化マンガン、リチウム、水酸化カリウム、有機溶剤などを含んでおり、パッチの破損等により電池内部材料が外に漏れ出た場合の人体への影響、また、廃棄した場合の環境への影響が懸念されている。

マクセルが開発した「Air Patch Battery」は、これらの材料を使用しておらず、材料改良により従来の水溶液系電解液を用いたラミネート電池比2倍以上のエネルギー密度を実現していることから、医療・ヘルスケアパッチ用途として安心して長時間使用することができる。

また、外装には薄型かつフレキシブル性を持つラミネート素材を採用することで、パッチを人体に貼り付けた際に違和感の少ない装着性を実現する。

パッチ貼り付けのイメージ
パッチ貼り付けのイメージ

【関連リンク】
マクセル(Maxell)

Previous

エコモット、LPWA対応の位置情報デバイス開発、外国人観光客へのおもてなしと災害発生時のサポート強化

マクニカネットワークス、機械学習の自動化プラットフォーム「Driverless AI」を提供するH2O.ai社と代理店契約を締結

Next