ウェザーニューズとKDDI、ドローンの安全運航をサポートする高精細気象予測システムを開発

株式会社ウェザーニューズとKDDI株式会社は、ドローンを使用する事業者向けにドローン運航のサポートを目的として、高精細気象予測システムを開発した。同システムはKDDIが構築する「スマートドローンプラットフォーム」で本日11月15日から利用可能。

同システムは、ウェザーニューズとKDDIの協業で基地局に設置している全国3,000カ所の気象観測装置「ソラテナ」や、ウェザーニューズが独自に収集している全国10,000カ所の気象データなどを活用して開発された気象予測システム。ドローンを運航する際、必須となる気象情報を250mメッシュ、高度10m単位で情報提供(※1) する事で、ドローンを使用する事業者をサポートする。

2015年12月から2018年9月に発生したドローン墜落などの事故158件の内、強風や雨など気象に起因した事故は約15%だった(※2)。従来のドローン向け気象情報は2kmメッシュ、高さ50m単位が主流だったが、安全運航のため、よりきめ細かい気象予測が求められている。

さらにドローンが従来の気象情報をもとに運航し、危険な気象エリアを回避しようとした場合、ドローンは大きな迂回が必要となり、バッテリーなどに大きな負荷がかかるなど課題があるという。同システムはそのような迂回を最小限に止めることができるほか、事前に飛行可能ルートの選択肢を多く提供することで、ドローン運航の最適化に寄与するという。

また、上空150mまでの風予測もピンポイントに10分間隔で確認でき、気象要因による事故の予防につながる。

同システムを活用することで、例えば、ドローンによる農薬散布時に、風予測から区域外への農薬飛散を防げる。また、全国各地の気象情報をピンポイントで提供するため、工事事業者がドローンを活用したインフラ設備などの点検時や測量を行う際や、災害現場で建物の倒壊や土砂崩れなどの恐れがある危険な場所での状況確認や捜索活動を行う際に、ドローン運航のサポートを通じて、安全面・コスト面・スピード面などで貢献するという。

ウェザーニューズとKDDIは今後、この高精細気象予測システムを工事事業者や農業、災害などの気象ソリューションに活用していくという。

※1 ドローンの運行に大きく影響する風向風速・地上降水量・天気のほか、気温・気圧・湿度の6つの気象情報を提供。
※2 出典: 国土交通省「無人航空機に係る事故情報等の一覧」

Previous

SQUEEZEと楽天コミュニケーションズ、「suitebook」「あんしんステイIoT」で大京穴吹不動産の民泊物件をIoT活用

アシスト提供の「Delphix」がマツダのシステム開発に導入、データ準備の待ち時間を削減

Next