ホンダとドワンゴ、キャラクターがドライバーに発話するiPhone向けアプリ「osoba」サービス開始

本田技研工業株式会社(以下、Honda)は、株式会社ドワンゴと共同開発したiPhone向けアプリ「osoba(オソバ)」のサービスを2019年1月に開始する。

「osoba」は、Hondaのオープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」のセンターディスプレイ装備車向けに開発され、USBを経由して取り出した車速・走行距離・外気温・灯火点灯状況などの車両情報をもとに適切なタイミングでキャラクターがドライバーに対して発話する無料(※1)のアプリだ。ドライブがより楽しくなる情報や安全運転に役立つ情報、車両のメンテナンスに関する情報などをドライバーに提供する。

今回リリースされる「osoba」の発話キャラクターには「初音ミク(ハツネミク)」(※2)が起用された。

※1 通信料は顧客の負担
※2 初音ミクは、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」。キャラクターとしても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行う。

【関連リンク】
「osoba」

Previous

アシスト提供の「Delphix」がマツダのシステム開発に導入、データ準備の待ち時間を削減

経産省、第8回「ものづくり日本大賞」の募集を開始

Next