キーサイト、5Gテクノロジーへの投資目的は市場リーダーシップの確立と調査結果発表

キーサイト・テクノロジーズ・インク(以下、キーサイト)は、「Keysight 2018 State of 5G」調査結果を発表した。この調査から、企業が5Gテクノロジーに投資する主要な目的は、市場リーダーシップの確立、顧客要求への対応、柔軟でスケーラブルなネットワークの活用であることが判明したという。

同調査によると、調査対象の企業の半数以上(54%)がすでに5Gテクノロジーを採用しており、46%が投資の主要な推進要因として、5Gライフサイクルの早い段階での市場リーダーシップの確立をあげている。また、回答者の3分の2以上が、5Gテクノロジーの開発または展開を加速する5Gテストソリューションを積極的に探していると答えているという。

キーサイトによる調査では、回答者の大半(63%)が、高い信頼性と低遅延が5Gテクノロジーの最大のメリットになると期待している。回答者は、5Gテクノロジーを実装する上位3つのメリットとして、ネットワークの高速化、IoTイネーブルメントの向上、コネクテッドカーの普及をあげている。

【関連リンク】
「Keysight 2018 State of 5G」(英語版PDF)

Previous

NECソリューションイノベータ、4つの農業ICTソリューションを「農業データ連携基盤」に順次対応開始

STマイクロエレクトロニクス、セキュアな遠隔更新と高速車載ネットワークを実現する車載用32bitマイコン発表

Next