フレクトとKDDIアメリカ、リアルタイム車両管理「Cariot」をアメリカで展開

株式会社フレクトとKDDI株式会社の海外現地法人であるKDDI America, Inc.は、リアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」を共同展開することを発表した。

フレクトが提供するリアルタイム車両管理「Cariot」は、セールスフォース・ドットコムが提供するプラットフォームとソラコム社の「グローバル向けAir SIM」を活用して、東南アジア・中東地域でのサービス開始に続き、アメリカへのサービス展開を実施するという。販売元はKDDIアメリカ社が窓口となり、現地での導入サポートも実施する。

Cariotは、車両にデバイスを差し込むだけで、インターネット経由でクルマの幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車両の情報を可視化し、そのデータを元にコンプライアンス強化、安全性向上、コスト削減や業務効率化をすることができるクラウドサービス。

国境を越えて走行した際は、各国で自動的にローミングし、車両の動態管理が可能となる。対応デバイスは工事不要なデバイスを使用し、現地の多様な車種への対応を予定しているという。言語は英語での提供だ。

【関連リンク】
フレクト(Flect)
KDDIアメリカ(KDDI America)
リアルタイム車両管理「Cariot」

Previous

NTTドコモ、セルラーLPWA対応通信モジュールを一元管理する「docomo IoTデバイス管理」を提供開始

トラッキモGPS、準天頂衛星「みちびき」対応のGPS端末を発売

Next