エコモットとKDDI、法人向けIoT分野で資本業務提携

市場ニーズの多様化、先進技術の高度化、サイバーリスクの増大などにより、IoT市場そのものが大きな変革の時期を迎えている。

このような経営環境の変化に対して、エコモット株式会社とKDDI株式会社は、法人向けIoTビジネスのスケール化の促進や、一次産業、防災、寒冷地対策など地域産業の高度化に向け、資本業務提携に合意した。この提携で、KDDIがエコモットの発行する株式の一部(議決権比率の21.1%)を取得するため、エコモットはKDDIの持分法適用関連会社となる。

今回の業務提携では、IoT分野で、エコモットが有するデータの効率的なセンシング、通信デバイス開発技術、センサー選定ノウハウなどと、KDDIが有する通信やクラウドプラットフォームを組み合わせ、「KDDI IoTクラウドStandard」の強化、センサー端末ラインナップや新技術の共同開発、新規IoTパッケージ商品の共同開発および拡販、両社の知見や技術を活用した地域産業の高度化(地方創生)、両社のノウハウの相互流通や人材交流を行う。

Previous

三菱地所、顧客の行動・購買データを分析するビーコン活用した実証実験を横浜みなとみらいで実施

VAIO、短期間で効率良くロボット開発が可能な「ロボット汎用プラットフォーム」を提供

Next