アルテック、メーカーボット製3Dプリンタの販売を開始

アルテック株式会社は、Stratasys Ltd.の子会社であり、デスクトップ3Dプリンタの世界累計販売数9万台以上を誇るMakerBot Inc. (以下、MakerBot)製3Dプリンタ・スキャナの販売を2016年2月1日より開始する。

 

MakerBot製3Dプリンタは、コンシューマー/エンジニアに加え、近年は学校・教育機関での利用も進んでおり、将来の工業用3Dプリンタの潜在的ユーザーからの支持を得ている。

3Dプリンタの活用にあたっては、3D CADデータの作成や3Dモデリング、デジタルファブリケーションのスキルの有無がハードルだが、MakerBotでは、100万種類以上の3Dデザインを無料でダウンロードできる3Dファイル共有サイト「シンギバース」を運営するなど、3Dプリンティングの普及に尽力している。

アルテック、メーカーボット製3Dプリンタの販売を開始

 

【取り扱いを開始する3Dプリンタ・スキャナ一覧】

モデル 種類 特徴 価格(税別)
MakerBot Replicator® プリンタ フル機能搭載 395,800円 (税別)
MakerBot Replicator® Mini プリンタ 省スペース / コンパクト型 187,800円 (税別)
MakerBot Replicator® Z18 プリンタ プロフェッショナル仕様 / 大型 886,800円 (税別)
MakerBot Replicator™ 2X プリンタ 2色プリント、ABS対応 381,800円 (税別)
MakerBot® Digitizer スキャナ デスクトップ型3Dスキャナ 129,800円 (税別)

 

また、MakerBot製品の取扱い開始を記念して、2016年3月末までに該当のMakerBot製3Dプリンタ購入者を対象に、無料で樹脂を提供する期間限定のキャンペーンを実施するという。

 

【関連リンク】
アルテック
Stratasys
MakerBot
シンギバース(Thingiverse)

Previous

Pluralsight、優勝賞金10万ドルのバーチャル・ハッカソン『hack.summit()』を開催

理科実験教室のサイエンス倶楽部、ノーベル賞受賞記念実験「センサでGo!」を開催

Next