日立・東芝テック等4社、指静脈認証を活用したキャッシュレス決済の実証実験を実施

近年、キャッシュレス社会の実現に向けて、スマートデバイスや電子マネーの活用などさまざまな取り組みが推進されている。また、経済産業省では、昨年10月に「キャッシュレス・ビジョン」を策定し、現在、全国平均約20%のキャッシュレス決済比率を、2025年に向けて40%まで引き上げる目標を掲げている。一方、キャッシュレス決済の手段は、利便性が高く安全な認証手段として、生体認証への期待が高まっている。

そこで、株式会社日立製作所(以下、日立)と、株式会社エブリイ、東芝テック株式会社、アララ株式会社は、指静脈認証を活用したキャッシュレス決済の実証実験を2019年5月7日から7月19日まで実施する。

同実証実験では、日立の指静脈認証システムと東芝テックのPOSシステム、そのPOSに標準採用されているアララの電子マネーシステムを組み合わせて決済システムを構築し、現在アララの電子マネーシステムを導入しているエブリイの広島県にある鮮Do!エブリイ蔵王店で、その有効性を検証する。

具体的には、エブリイの本部社員を対象に、エブリイのプリペイド式ハウスカード「エブリカ」と指静脈による生体情報を紐付け、カードやQRコードなどを使わずに指静脈の生体認証のみで決済を行う一連の流れを検証する。これにより、指静脈認証による手ぶらでの決済の有効性や消費者の利便性などを検証するとともに、課題の洗い出しを行う。

なお、商用化にあたっては、日立の独自技術であるPBIの活用が予定されている。PBIは、静脈パターンなどの生体情報の「揺らぎ」を補正することで秘密鍵を抽出し、公開鍵暗号方式に基づく電子署名を生成する日立独自の技術。従来の生体認証技術と異なり、指静脈などの生体情報自体を保存する必要がないため、漏えいリスクを最小化する。

これにより、ユーザーは認証基盤に登録した指をかざすだけで本人認証ができるため、カードやスマートデバイスを持ち歩くことなく、より安全に決済を行うことが可能となり、利便性の向上、他人利用による決済を防止する。

Previous

IoT人気記事ランキング|MWC2019バルセロナレポートなど[2/25-3/3]

KDDI・ドコモ・NEC・日立等、同一空間で複数事業者のドローン飛行を支援する運航管理システムを実証

Next