ABEJA、AI開発の初期仮説検証を行う 「ABEJA Platform Accelerator」(α版)試用開始

AIモデルの開発を行う際、事前に立てた仮説の検証を初期段階で繰り返すことで、運用上の課題を見つけておくことが性能向上には不可欠である。しかし、この検証のプロセスは対象データの大量収集から計算リソースの確保、モデル開発・実験まで多岐にわたり、これらを運用できる専門知識を持ったエンジニアも必要なため、多大なコストを要するという課題があった。

このほど、株式会社ABEJAは、AI開発の初期仮説検証が簡単にできる「ABEJA Platform Accelerator」(α版)の試用を本日から開始した。ABEJA Platform Acceleratorで利用できるAIモデルは、画像のクラス分類、画像の物体検出だ。

ユーザーが学習に必要な画像などのデータをアップロードすると、ABEJA Platform Acceleratorにあらかじめ用意されたAIモデルがそのデータを学習する。高度な作業を要さず、学習結果の精度を評価するレポートを入手する段階まで進める。その結果、今までコストがかかっていた検証のためのAI開発のプロセスが簡略化された。

これにより、プログラミングなどの専門知識を要さずに、非エンジニアもAIの実装に欠かせない仮説検証を迅速・安価に進められるようになる。

今後、この学習したAIモデルをWEB上で外部システムに共有できるAPIとして提供するサービスも検討していくという。

Previous

DeNA、自動運転車両に携帯電話網を用いて信号情報を送信する実証実験を公道で実施

スイッチスマイル、ビーコン活用のロケーションマーケティングプラットフォーム「pinable_Marketing」を提供開始

Next