KDDI、スマートドローンによる用途別ソリューションを提供開始

KDDI株式会社は、2016年に、さまざまな分野でネットワークにつながるドローンが活躍する「スマートドローン構想」を発表し、多数のパートナー企業と実証実験を重ね開発を進めてきた。

このほど、KDDIのモバイル通信ネットワークに対応したスマートドローンの安心・安全に飛行制御する基盤システムとなるプラットフォームを活用した用途別ソリューションを2019年6月から順次提供を開始する。

同プラットフォームは、モバイル通信に対応した機体、気象・地図と連携し、ドローンの飛行計画の作成、運航状況の監視、機体制御を遠隔で行うことができる。

今回、同プラットフォームを活用して、広域監視、鉄塔点検、風力点検、測量解析、精密農業分野において、顧客の用途に応じた機体、通信、アプリケーションによるソリューションを提供することで業務効率化や課題解決に繋げる。

  • 広域監視
    鉄道や道路などの広域インフラを、災害時等にスマートドローンで巡回し、遠隔で現場の状況を確認し、迅速に被害状況の確認、復旧可否判断が可能となる。監視センターでは、遠隔でドローンの飛行ルートの設定、飛行指示、飛行中のドローン映像の確認を一元的に行うことが可能だ。
  • 鉄塔点検
    点検箇所をドローンでピンポイントに撮影、データ管理、レポート作成を自動で行うソリューションを提供する。同鉄塔点検ソリューションを活用して、送電設備へ適用できるソリューションを中部電力株式会社および中部テレコミュニケーション株式会社の3社で共同研究を行う。また、KDDIの通信鉄塔における点検業務で、19年度から導入する。
  • 風力点検
    風力タービンの周囲をドローンが撮影し、位置情報・高度情報を元にデータ管理、レポートまでを自動的に行うことで、作業効率を大幅に向上させ、安全な点検を実現する。
  • 測量解析(パートナー連携により提供)
    スマートドローンを活用した測量によるデータ収集と、国土交通省が推進するi-Constructionに対応したアイサンテクノロジー株式会社の測量専用ソフト「Wing Earth」による大規模3次元点群データ処理・解析により、さまざまな施工管理システムに対応した出力結果を提供する。
  • 精密農業 (パートナー連携により提供)
    株式会社スカイマティクスの葉色分析サービス「いろは」による農作物の生育管理と、農薬散布サービス「はかせ」をスマートドローンのプラットフォームに連携させることで、効率的な散布ルート作成と自律飛行による適所散布を実現する。
Previous

NEC、企業システムの模擬環境を用いた演習拠点「NECサイバーセキュリティ訓練場」を設立

オムロン、子どもやペットの車内置き去り検知システムの構築を可能にする「呼吸時体動検知センサー」を開発

Next