Interop Tokyo 2015「Best of Show Award」のグランプリにアラクサラの『ホワイトリスト機能を用いた制御システムネットワークの自動セキュリティソリューション』

2015年6月10日(水)から6月12日(金)まで開催した「Interop Tokyo 2015」の展示会において、アラクサラネットワークス株式会社のソリューションがBest of Show Award 「IoT部門」のグランプリを受賞した。

Interop Tokyoはインターネット黎明期と呼ばれた1994年から、常に最先端の情報通信関連の国内最大級イベントとして開催されてきた。

Best of Show Awardとは、出展企業各社からエントリーされる選りすぐりの新製品を、有力メディア各社のキーマンと、学術、そしてビジネス界の識者によって編成される審査委員会が審査し、「今年の一品」として与えられる賞で、 300近いエントリーがあった。

今回受賞したアラクサラの「ホワイトリスト機能を用いた制御システムネットワークの自動セキュリティソリューション」とは、制御システムネットワークなど、社会インフラを支えるネットワークをサイバー攻撃から守るために、ホワイトリスト(*1)によるネットワーク保護を容易に可能とする、ホワイトリストの自動生成機能をボックス型L2スイッチAX2530Sシリーズ上に実装した製品だ。

*1 ホワイトリストとは、ネットワークの利用を許可する端末や通信フローを予め設定しておくことによって、ネットワークへの不正なアクセスを排除する、セキュリティ対策。

 

IoTの普及で、セキュリティ対策にも多くの関心が集まっている結果と言えるだろう。

・関連リンク
Interop Tokyo 2015
アラクサラネットワークス株式会社

Previous

Bluetooth Low Energy対応無線通信ICを使用した音声送信ソリューションを発表

IoT時代のビジネスでの外部機器連携を推進するWGを発足、7月本格始動  ~ iOS搭載端末のもたらす新たな市場ニーズを活性化 ~

Next