TRI-AD、Maxar、NTTデータが衛星画像を用いた自動運転車用の地図生成に向けた実証実験を実施

自動運転車では、複数のリアルタイムセンサーを用いて運転をサポートすることが極めて重要だが、センサーを用いた自動運転の基盤データとして道路地図は不可欠である。現状、地図がカバーしているのは世界でもごくわずかであり、自動運転社会実現のためには、市街地と地方道路のカバー範囲を広げる必要がある。

今回、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(以下、TRI-AD)と、マクサー・テクノロジーズ(以下、Maxar)、株式会社NTTデータは、衛星画像を用いた自動運転車用の地図の自動生成に向けた実証実験を3社共同で行うことを発表した。

同実証実験では、まずMaxarのクラウドベースの地理空間情報クラウド(GBDX)から光学衛星画像ライブラリーの画像を取得する。次に、NTTデータの人工知能(AI)を活用した独自アルゴリズムにより、道路ネットワークの作成に必要な地図情報を自動抽出する。そして、TRI-ADが自動運転用に作成した地図を、クラウド環境からトヨタの自動運転試験車へ配信する。

これにより、衛星画像で生成した地図を元に、自動運転用ソフトウエアが複数のデータソースを参照した上で指示を送り、自動車が安全に対処できるようにすることを目指している。

今後3社は、まず東京の特定エリアの地図を自動生成することを重点的に取り組む方針である。

Previous

日立、水道管など地中埋設インフラを効率的に保守管理するデジタルプラットフォームを構築

ソフトバンクとグーグルが共闘する、成層圏で飛ぶ「通信基地局」のねらい

Next