IoTセキュリティソリューション ~IoTパートナーコミュニティ開催セミナーレポート(後編)

株式会社ウフルのIoTイノベーションセンターが事務局を務める「IoTパートナーコミュニティ」。

IoTにより実現される「全てがつながる世界」を目指し、コミュニティのメンバー企業が相互に協創しながら、オープンイノベーションを通じてビジネスを創出することを目的としている。

IoT×AIや物流やヘルスケアなど7つのWGのうち「セキュリティ」をテーマとして活動しているコミュニティメンバーにより、「行政の動向と最新のIoTソリューション活用事例」題したIoTセキュリティセミナーが4月24日に開催された。

第2部ではWGメンバー企業を中心にIoTセキュリティに関するソリューションや活用事例について紹介された。

トレンドマイクロのクラウド連携型組込みデバイス向けセキュリティ

IoTNEWS_20190423_uhuru_IoTSecuritySeminar_008_trendmicro
トレンドマイクロのクラウド連携型組込みデバイス向けセキュリティソリューション TREND Micro IoT Security(TIMS)

トレンドマイクロ株式会社 IoT事業推進本部 IoT事業開発推進部 技術推進グループ シニアマネージャー 原 聖樹 氏からは、IoTセキュリティの脅威に関する動向とその対策として活用できるIoTデバイスに利用するソリューションについて説明された。

今までのトレンドマイクロのセキュリティ対策ソフトは、エンドユーザーが自ら買って機器に導入するものが中心だったが、このTREND Micro IoT Security(TIMS)は、IoTデバイスのメーカー側にOEM的に提供して、IoTデバイスに導入してもらうモデルとなっている。

「Trend Micro IoT Security Agent」をIoTデバイスにインストールすることで、IoTデバイスの入口では、すでにトレンドマイクロが持っているブラックリストをもとに接続元のIPアドレスをブロックし、また脆弱性をつく攻撃が来た場合もブロックすることができ、これで9割がたの一般的な攻撃はブロックできるとのことだ。

また万が一機器内に不正なマルウェアソフトが入ってしまった場合は、最初にデバイスに入っていたプログラムしか実行できないよう制御されるため、不正なソフトの実行を阻止することができる。さらには出口でも対策がされており、デバイスが外のサーバにアクセスをしようとした場合も、すでにトレンドマイクロが過去から集めてきている不正サーバのブラックリストと照合してアクセスを防止することができるとのことだ。

次ページは、「ゲートウェイから安全にデータを収集できるHULFT IoT

Previous

IoTセキュリティに対する政府の動向 ~IoTパートナーコミュニティ開催セミナーレポート(前編)

SASとシーメンス、エッジ・クラウド対応のAI搭載IoTアナリティクスの提供で提携

Next