ヤマハ発動機とDMPが業務提携、製品の自動化・自律化に向けたAI開発体制の強化を支援

ヤマハ発動機株式会社は、自社製品の自動化・自律化に向けた知能化技術(AI)開発力の強化を主な目的として、株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(以下、DMP)との業務資本提携に関する契約を締結し、DMPが発行する第三者割当による新株式引き受けを決定した。これにより、ヤマハ発動機はDMPの筆頭株主となる予定だ。

今回の業務資本提携により、DMPの開発体制の強化を支援し、DMPのディープラーニング、画像処理・画像認識技術をヤマハ発動機の製品や技術と組み合せることで、低速度自動・自律運転システムや農業領域でのロボット活用、各種モビリティの先進安全技術の開発を進めていく。

今回の業務提携の主な内容は以下の通りである。

  • AI技術応用によるアルゴリズム開発から製品搭載に至る最終製品化プロセスにおける協業
  • 低速度領域における自動・自律運転システムの開発
  • ロボティクス技術を活用した農業領域等における省力化・自動化システムの開発
  • モビリティ製品全般に向けての先進安全運転支援システムの開発
  • ヤマハ発動機からの取締役の派遣
  • Previous

    富士通と電通、パーソナルデータを活用した新しいライフスタイルを提案する実証実験を開始

    富士通、AIで「会議の発言録作成」「オペレーターの電話対応」を支援するZinraiソリューション2種を販売開始

    Next