SASとシーメンス、エッジ・クラウド対応のAI搭載IoTアナリティクスの提供で提携

SASとSiemens Digital Industries Softwareは、SASオープン・ソースのストリーミング・アナリティクスをシーメンスのMindSphereに組込んで、エッジ・コンピューティングとクラウド対応の新しいIoTソリューションの開発を支援するパートナーシップを締結した。利用者は、MindSphereに組込まれたSASのアドバンスド・アナリティクスと予測型アナリティクスを利用し、IoT環境に機械学習(以下、ML)とAIの技術を採り入れることができる。

SASのAIとIoTのテクノロジーは、エッジでもクラウドでも、動的でも静的でもあらゆるIoTデータを扱う多様な環境をサポートし、ビジネスニーズに合わせて拡張することができる。SASのIoTアナリティクス・ソリューションにより、データの移動やレイテンシ、ストレージ・コストを削減して、機械の運用や挙動特性の理解、迅速で正確な予測方法の開発、最適な意思決定を行うことができる。

SASのアドバンスド・アナリティクスは、産業制御システムから集まる大量のデータを取得して分析し、導き出された実行可能な洞察に基づいてITとOTの世界を融合することで、インテリジェントな運用とビジネス・プロセスを推進する。SASはIoTアナリティクスにおいてオープン・ソースとの互換性に投資してきたため、データ・サイエンティストは好みの言語でコードを書くことができ、同時にSASの耐障害性能や包括的な拡張機能を使用することもできる。

シーメンスのMindSphereは、クラウドベースのオープンIoTオペレーティングシステムで、産業用アプリケーションとデジタル・サービスの提供を可能にする。また、新しいビジネス・モデルの基盤を提供する新しいアプリケーションを開発してパートナー・エコシステムの構築も可能だ。MindSphereには豊富なAPIが用意され、迅速かつ容易にアプリケーションを開発することができる。

シーメンスのMindSphereとSASのアナリティクスを組み合わせることで、予知・指示的メンテナンスとアセット・パフォーマンス管理の最適化を実現し、企業の生産性向上と運用リスクの削減を支援する。新しいソリューションは、製造、医療、エネルギー/ユーティリティー、スマートシティ、運輸、自動車などの幅広い業界を対象としている。

両社は、既存ユーザー・新規ユーザー共に利用できるように協働し、エッジでのIoTデバイスに対応する準リアルタイムの組込みAIを実現するストリーミング・アナリティクスから提供を始め、今年後半にはソリューションの一般提供を予定している。

Previous

IoTセキュリティソリューション ~IoTパートナーコミュニティ開催セミナーレポート(後編)

伊那市とMONETが業務提携、医師による診察を遠隔で受けられる移動診察車の実証に向けて始動

Next