既存スペックの活用と改善点の革新 DJIが「Osmo Action」を発売

企業:

ドローンなどを販売しているDJIが、アクションカメラ「Osmo Action」を発売した。

一見Go Proのようであり、ユーザーインターフェイスにおいてもGo Pro同様タッチスクリーン(背面スクリーンのみで機能する)とジェスチャーコマンドを中心に構成されている。これはGo Pro Hero5以降を使用したことのある人であればすぐに馴染み、操作できることを意味している。

一方Go Proとの違いは、まずフロントにスクリーンがついている点だ。メインの背面スクリーンが隠れても、フロントLCDスクリーンで映像を確認することができる。これはカメラを自転車のフレーム、車両、スティックなどに取り付けた際に活用できる。

また、メインのスクリーンは2.25インチで、Go Pro Hero7シリーズよりも大きなスクリーンを打ち出している。

Previous

「ファクトリービルダー」が工場の生産性を最大化する  ―FAプロダクツ 天野氏インタビュー前編

ACCESSとBreezoMeter、走行中の位置情報と連動した大気質と花粉データ提供において協業を発表

Next