クアルコムとEE、英国初の商用5Gサービスを開始

クアルコムの子会社であるクアルコムテクノロジーズとイギリスの通信事業社EEは5月22日、イギリス初の5G商用サービスとSnapdragon 855・X50 5Gモデム・RFフロントエンド(RFFE)ソリューション搭載の5Gデバイスを発表した。

クアルコムテクノロジーズのRFFEソリューションを備えた5Gスマートフォンでは、OnePlus社、Oppo社、LG社の製品が発表された。

またEEは、Snapdragon X50 5Gモデムを搭載したHTC 5Gスマートハブの発売も発表した。

EEは5月30日に英国の6つの都市(ロンドン、カーディフ、エジンバラ、ベルファスト、バーミンガム、マンチェスター)で5Gネットワークのサービスを開始する。

2019年末までに、さらに10都市(グラスゴー、ニューカッスル、リバプール、リーズ、ハル、シェフィールド、ノッティンガム、レスター、コベントリー、ブリストル)にサービスを拡大する予定だ。

Previous

仕事の効率化を図るスマートグラス「Glass Enterprise Edition2」を発表

ANA、総二階建ての旅客機エアバスA380型機「FLYING HONU」にヒアラブル端末を導入

Next