リクリエ、大分県別府市に無人スマートホテルを開業

株式会社リクリエは、大分県別府市初の旅館業法・ホテル営業許可を取得した無人スマートホテル「GRAND BASE BEPPUEKIMAE(グランドベース別府駅前)」をオープンした。福岡を拠点に西日本エリアの宿泊施設を企画/運用するリクリエは、テクノロジーによるおもてなしで宿泊体験を提供するホテルシリーズを展開しており、今回は第9弾となる。

GRAND BASE BEPPUEKIMAEは、iPadを使ったチェックインシステム「tabiq」を利用することで、無人でありながら安全にスマートキーを受け渡すことのできるスムーズなチェックインを実現させた。

tabiqは、言語選択が可能で、カメラ機能によるパスポート情報の確認・取得、署名の取得のほか、対面チェックインの代行を目的としたビデオ通話もできる。また「suitebook」との連携により、予約ごとに自動発行されるスマートロックの暗証番号を、tabiqでのチェックイン時に自動で表示させることもできる。

なお、長崎県佐世保市でも初の無人スマートホテルでの旅館業法・ホテル営業許可を取得しており、近日オープン予定である。

Previous

ALBERTとKDDI、AIを搭載したチャットボット「スグレス」と「KDDI Message Cast」の連携を開始

日本ユニシス、3D・4Dデータに付加情報を含めた深層学習が可能な空間認識プラットフォームを販売開始

Next