Armとパイオニア、AIを活用した交通事故予測モデルの開発推進を発表

近年、モビリティの変革や次世代交通への注目が高まる中、交通事故対策は重要な社会課題の1つとなっている。

英Arm(以下、Arm)とパイオニア株式会社は、モビリティ分野のデータマネジメントにおける協業を強化し、交通事故削減に向けたAIを活用したデータ分析、および行動予測・事故予測モデルの構築に関する共同開発を推進することを発表した。

同プロジェクトでは、パイオニアの既販車向け運転支援システム「Intelligent Pilot」を基盤に、Armのデジタル地図データを活用した分析技術と、Armのカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data eCDP」によるデータプラットフォーム構築、分析、活用に関する知見を組み合わせ、さまざまな交通手段からのセンサーデータ収集、AIを活用したデータ分析、事故削減のための行動予測・事故予測モデルの構築を行う。

Arm Treasure Data eCDPは、オンライン広告配信やマーケティング、CRM(顧客管理システム)などの領域において、顧客一人ひとりのデジタル上の行動ログデータや属性データなどのカスタマーデータを統合するプラットフォームである。これにより、パーソナライズを軸とした顧客ロイヤリティの向上が可能になるという。

Armは、IoTデバイスから発生する大量かつ多種・多様なデータの管理・分析支援のためのデータ基盤としてArm Treasure Data eCDPを提供している。これらのデータを収集、統合して「事故リスク予測プラットフォーム」を構築することで、例えば、事故リスクの高い地点を運転中のドライバーに通知するなど、交通事故削減に効果的と見込まれる注意喚起をドライバーの状況に応じて行うことが可能となる。

また、今回Armは基盤の提供のみならず、構築支援を行うArmのデータサイエンティストが、データ分析に関わる以下の項目を支援する。

  • 二輪車・四輪車の運転傾向、事故リスク予測、運転支援及び渋滞予測を行うために必要となる分析技術とロジックの設計
  • 分析技術ロジックで必要となるデータ群の定義およびデータコーディネーション(データ収集・加工)の支援
  • 収集したモビリティデータに対するデータの整形および分析
  • 技術支援分析結果に基づく予測モデル化支援

同プロジェクトを通して、両社は四輪車に限らず二輪車などを含めモビリティ全体の交通事故削減を目指す。

Previous

ナショナルインスツルメンツ、5G向け実験・現地試験用「Test UE」発表

住信SBIネット銀行と日立、AI審査サービスを提供する新会社「Dayta Consulting株式会社」を設立

Next