米スマートセンサー市場 2018年までに216万ドルに

Research and Marketsは、米国のスマートセンサー市場のトレンドと予測を発表した。

2014年から2020年にかけて年平均成長率12.16%で成長し、2018年に216万ドルに達するとしている。

この成長は自動車分野が後押ししている。

 

さらに最適なパフォーマンスと信頼性を持つ小型センサーの出現によって、スマートセンサー市場の新たな分野の一つとしてスポーツ産業も浮上してきている。

 

スマートセンサー市場が拡大する要因は、省エネ機器のニーズの高まりによるが、この流れを考慮するとセンサーだけではなく、今後はエネルギー効率の高い製品も求められるだろう。

 

・関連リンク
ビジネスワイヤ

Previous

米サムスン、スマートホテルに向けたソリューションを提供開始

Samsung社が新しいArtikプラットフォームにSigFoxのIoTプロトコルを採用

Next