ケイアイスター不動産とカマルクX、「IoT住宅向けセンサー及びセンシング技術」の共同開発で合意

国内において、センサー製品は企業向けが中心であり、消費者向け製品が少ないのが現状である。同様に、建物設備系のIoT対応センサー及びセンシング技術は、オフィスビルや介護施設向けが中心であり、一般の住宅向けのものは、コストの問題やセンサーの設置条件の多様さなど、住宅固有の課題によって、普及が進んでいないと考えられている。

ケイアイスター不動産株式会社は、2018年4月に戦略的資本業務提携を結んだIoT関連システム開発・コンサルティングサービスを展開するカマルク特定技術研究所株式会社(以下、カマルクX)と、今後の住宅供給数拡大に向け「住宅向けセンサー及びセンシング技術開発」を推進することに合意した。

また、カマルクXとの技術開発をより強固かつスピーディに進めるため、東京本社内にITコラボレーションルームを設置し、互いの技術開発研究の合理化を図ると共に、即時性あるコミュニュケーションが取れる環境を整えた。

同開発は、ケイアイスター不動産の住宅販売事業および外部企業への提供における新商品開発に向け、住宅向けにおいて十分な精度での測定・分析が低コストで実現可能な一連のセンサー製品及び、AIをベースにしたセンサーデータ分析サービスを共同開発するものである。その第一弾として、両社は住宅内の空間空気に着目し、空気質モニタリング用のIoT対応センサー製品の実現を目指す。

具体的には、住宅内の各所に設置された温度・湿度等マルチセンサーを用いた空気質モニタリングによって、空間の快適さを損ねうる空気質の状態を自ら判断する住宅を開発する。例えば、料理などによる湿度の急上昇を検知し、換気を促すメッセージをスマートフォンに流すことで、「結露」という不快要因を取り除き、ハウスビルダーへのクレームを減らすなど、住宅オーナーとハウスビルダー双方にメリットをもたらすという。

Previous

ルノー・日産・ウェイモ、ドライバーレス・モビリティサービス実現に向けて検討を行う独占契約を締結

IoTコンサルティング、LPWAを活用したネットワーク実証実験「千曲市あんずプロジェクト」を開始

Next