KDDI、ヒト・モノの現在位置や移動経路を見える化するIoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド~Pocket GPS~」を7月より提供開始

昨今、生産性の最適化、エネルギー消費の最適化をはじめとして、多岐に及ぶ分野に対しIoTの投資が進んでいる中、KDDI株式会社は大切なヒトやモノの現在位置や移動経路を見える化することを目的としたIoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド~Pocket GPS~」を2019年7月29日より提供開始する。
KDDI、ヒト・モノの現在位置や移動経路を見える化するIoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド~Pocket GPS~」を7月より提供開始
同サービスは、ヒト観点の見守りだけではなく、モノ観点でのトラッキング(追跡管理)が可能な「SORACOM Air for セルラー plan-KM1 (LPWA)」に対応した位置情報サービスである。これにより、移動車両やモノの位置情報が管理できるため、貴重品の盗難・ロストバゲージ対策や管理物の探索時間の効率化につながる。また、全国のLTE-Mエリア内で利用可能なため、低コスト、低消費電力化を実現する。

Pocket GPS端末は、電源ボタンと通知ボタンのシンプルな設計の端末である。付属されたSOSボタン押下時には位置情報や電池残量低下が通知され、1回のフル充電で約7日間の連続使用(10分間隔12時間測位時)ができる。

スマートフォンの専用アプリから、Pocket GPS端末の現在位置情報や移動経路履歴(最大7日の軌跡)の表示が可能で、あらかじめ設定したエリアの入出時にPocket GPS端末にPUSH通知するジオフェンス機能を備えている。また、デバイスの衛星測位間隔を3分、5分、10分、30分、60分に設定する機能や、設定した時刻の間でPocket GPS端末をOFFにするスリープ機能も搭載している。

さらに、法人向けに端末情報の閲覧や設定が可能な管理コンソールを用意しており、利用中のPocket GPS端末を一元管理できる。加えて、ウェブAPIによる外部システムと連携機能を用いて、位置データを利活用することも可能である。

なお、同サービス利用料金は以下の通りである。

  • 端末買取プラン
  • ・初期費用:25,000円/社(法人ユーザー初期登録料)、12,100円/台(端末代金)
    ・月額費用:450円/台(サービス利用料)

  • 端末レンタル(36ヵ月)プラン
  • ・初期費用:25,000円/社(法人ユーザー初期登録料)
    ・月額費用:450円/台(サービス利用料)、380円/台(36ヵ月分の端末レンタル料金)

Previous

ティアフォー、東大らと共同で自動運転AI学習用のラベリングツール「オートマンツール」無償公開

住友商事、ローカル5Gの実験試験局免許取得および実証実験を開始

Next