法律事務所ZeLoとブロックチェーン・プラットフォーム「IOST」、ブロックチェーン技術を使ったプロダクト開発に向け協業

2019年2月にブロックチェーン・プラットフォーム「IOST」はメインネットをローンチし、日本からもエバーシステム株式会社と開発したDappゲーム「IOST版クリプトニンジャ」などのサービスがリリースされた。

JavaScript言語をサポートするIOSTスマートコントラクトを備えるIOSTプラットフォームにコミットする日本の開発者コミュニティの数は拡大しており、IOSTプラットフォームを使った複数のプロジェクトが、日本国内でプロダクト化に向けて進行中である。5月には資金決済法と金融商品取引法の改正法が成立し、開発者たちには、技術の進化に伴うサービスと規制の認識を理解する必要にせまられている。

ブロックチェーンビジネスの企業法務分野の知見を有する法律事務所ZeLo・外国法共同事業と、次世代ブロックチェーン・インフラストラクチャーを開発するINTERNET OF SERVICES FOUNDATION LTD.が、日本国内でのブロックチェーン技術を使ったプロダクト開発に関して、両者が持つ専門性を連携し合うパートナーシップに合意した。

同協業により、IOSTエコシステム内の法務分野を専門とするパートナーノードとして参加し、分散型ネットワークでの検証作業を行う。

Previous

ソフトフロントグループ、AIプラットフォーム「commubo」に会話シナリオ編集機能など3つの機能を強化

KDDIがエリクソンと共同開発、5Gコアネットワークを活用した「ネットワークスライスのオンデマンド構築技術」と「ゼロタッチ認証技術」

Next