ロボットスタート、ヴイストンと資本提携

ロボットスタート株式会社は、ヴイストン株式会社と、資本提携契約を締結したと発表した。

ロボットスタートの第三者割当増資をヴイストンが引き受けるという。

既に発表済みの業務提携を元に、今後さらに密接にロボットプラットフォームの企画・開発、デベロッパーサポートなどの業務を共同で行っていくことを通じて、ヴイストンが開発した普及型社会的対話ロボット「Sota(ソータ)」を始めとしたコミュニケーションロボットのより一層の普及を目指していく。

 

【関連リンク】
ロボットスタート(robot start)
ヴイストン(Vstone)

Previous

セキド、OpenROVの水中ドローンキットを発売

Telit、IoT Factory Solutions事業部門を設立、インダストリー4.0時代への迅速な移行を実現

Next