Telit、IoT Factory Solutions事業部門を設立、インダストリー4.0時代への迅速な移行を実現

Telit Wireless Solutions社(以下Telit)は、IoT Factory Solutions事業部門の設立を発表した。この事業部門は、スケーラブルなプラットフォームで工場内およびクラウドへのインダストリアルIoT(IIoT)実装をサポートする。

 

コネクテッドファクトリ、コネクテッドマシン、およびコネクテッドカスタマは、Telitビジョンの主要部分であり、同社のコアIoTビジネスに直結している。全世界に普及している産業オートメーションソリューションに関して、Telitは15年の経験を持ち、3000億ドル以上の生産設備を接続している。

IIoTの展開への複数の道筋を設けることによって、客がIIoT利用の優位性を容易に利用できるようにしている。

 

ARC Advisory GroupのバイスプレジデントであるCraig Resnick氏は次のように述べている。

「先進的な企業は、Telit社の単一でスケーラブルなソリューションを採用し、自社のバックオフィスと、工場フロアの生産設備および現場のリモート資産の両方をシームレスに統合しています。さらに、Telit社のプラットフォームによってバリューチェーンを合理化し、セキュアなIoTクラウド接続を通して、サプライヤ、現場担当者、営業、および顧客と関連情報をリアルタイムで交換しています」

 

TelitのIoT Factory Solutionsには、deviceWISE for Factoryと、半導体業界向けのsecureWISEが含まれる。Telitは、IoT Portalを通してIoTへの移行を容易にし、全世界の多数の業界に、資産トラッキング、リモート監視と制御、テレマティクス、産業オートメーション、その他のアプリケーションのリスク、開発期間、複雑性、およびコストを低減している。

 

deviceWISE for Factoryは、エンタープライズグレードの産業オートメーションプラットフォームであり、別々のメーカー製の、エンタープライズシステムやアプリケーションに対するプロトコルもインタフェースも異なる、複雑な、類似点のない生産設備を、カスタムプログラミングなしで容易に接続できるように設計されている。スケーラブルなアーキテクチャは、組込みの標準化されたデバイスドライバとエンタープライズコネクタの膨大なライブラリを活用することにより、あらゆる業界のあらゆる製造環境に合わせて設定可能だ。

deviceWISEは、自動車、医薬品、機械、石油/ガス、発電、水道、その他を含む、すべての製造業に最適だ。

 

TelitのsecureWISEソリューションは、高いセキュリティが確保されたリモートアクセスのための代表的ソリューションとして広く認められている。

secureWISEは、多くのファブやOEMを接続しており、プライベートネットワーク間に渡るセキュアで設定自由度の高いエンド・ツー・エンドのリモート接続を実現し、世界中の生産施設に設置された機器に対するロールベースのリアルタイムかつオンデマンドのアクセスをOEM各社に提供する。

貴重な知的財産を保護しながら、プロセスおよび機器のライフサイクルのあらゆる段階で機器の性能を向上させるような形で、ファブやOEMがリモートで協業することを可能にする。secureWISEは、世界の300mmラインの90%以上で使用されている。

 

【関連リンク】
テリット(Telit)

Previous

ロボットスタート、ヴイストンと資本提携

IDC、国内BAソフトウェア市場は、IoTやコグニティブシステムなどの普及から新規ビジネスのアプリケーション基盤として利用場面が拡大していくと予測

Next