ソースネクストのAI通訳機「POCKETALK W」、成田空港内の免税店で接客ツールとして利用開始

法務省が発表した「出入国管理統計」によると、入国時に成田国際空港を利用した外国人入国者数は、2011年以降増加の一途を辿っている。また、成田国際空港では、更なる機能強化により航空機の発着容量を拡大し、経済発展著しいアジア諸国の成長を取り込むことで、今後旅客数の大幅な増加を見込んでいる。今後ますます、訪日外国人客へのさらなるサービスの向上が重要になってくると考えられる。

ソースネクスト株式会社が開発したAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」を接客ツールとして、成田国際空港内の免税店61店舗に導入した。成田国際空港内の免税店などを運営する株式会社NAAリテイリングでは、POCKETALK Wを採用することで近年増加する訪日外国人客へのさらなるサービス向上を図る。

POCKETALK Wは、世界74言語に対応し、ボタンを押しながら話しかけるだけで、通訳がいるかのように対話ができるAI通訳機である。2.4インチの大きい画面に、タッチパネルを採用している。世界128の国と地域で使える4G対応のグローバル通信機能を内蔵しているため、面倒な設定は不要ですぐに使用できる。また、言語はインド英語やオーストラリア英語などのアクセントにも対応している。

Previous

丸紅情報システムズ、EnOcean製IoTエッジデバイスを販売開始

NEC、国内主要6空港で利用する顔認証AIエンジン活用の税関検査場電子申告ゲートを受注

Next