日産とNTTドコモ、新型スカイラインより車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」を開始

日産自動車株式会社は、今秋に発売する新型「スカイライン」より、株式会社NTTドコモが提供する車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」を開始する。同サービスは、車内においてLTEデータ通信をWi-Fiを用いて利用する車内向けインターネット接続サービスである。

車両に搭載された通信機(TCU)を通じて、スマートフォンやタブレット端末、ゲーム機、ノートパソコンなどの対応端末で、Wi-Fiを利用できる。用途に合わせて1日、30日、365日の3パターンの利用期間から選択することが可能で、データ通信量の上限や利用可能データ量超過による通信速度制限などを気にすることなく、動画や音楽、オンラインゲームなどデータ通信量の多いコンテンツを手軽に活用できる。

Previous

日通、人とロボットの協働による倉庫向けピッキングソリューションの実証実験を実施

MONETと加賀市、次世代モビリティサービスに関する連携協定を締結

Next