ASUSがQualcomm® Snapdragon™ 855 Plusモバイルプラットフォームを搭載したROG Phone IIを発表

2019年7月23日中国・北京にてASUS Republic of Gamers(ROG)は、ROG Phoneの後継となるROG Phone IIを発表した。

ROG Phone IIにはQualcommが今年7月15日に発表したQualcomm® Snapdragon™ 855 Plusモバイルプラットフォームが採用されており、CPUは「Qualcomm® Kryo™ 485」を搭載、プライムコアのクロックスピードは最大2.96GHzで動作する。

グラフィックスは、Adreno™ 640 GPUにより最大675MHzで動作する。

さらにGameCool II冷却システムにより、本体から熱を放出させるのに新しく設計された3Dベイパーチャンバーを備えている。

バッテリーの容量は6000mAhで、長時間の使用にも対応している。

ゲームに没入できるように、アップグレードされたタッチセンサーAirTrigger IIや、Dual Surrounding Vibration技術、前面ステレオスピーカーなどが取り入れられている。

大容量の512GB UFS 3.0 ROMは、超高速のデータストレージを提供し、最大1.2Gbpsの4G LTE Cat 18ダウンロード速度と最大4.6Gbpsの無線速度で接続性を高める。

また、ROG Kunaiゲームパッドは、ROG Kunaiバンパー、ROG Kunaiコントローラー、およびROG Kunaiホルダーで構成されており、ROG Phone II自体に物理的なゲームパッドコントロールを追加することができる。

Previous

UR都市機構と東洋大学INIAD、2030年のスマートホームを想定した「Open Smart UR」スタートアップモデル公開

日本ユニシスとWUBSが業務提携、金融機関での外国送金の受付から対外決済までをデジタル化

Next