賃貸管理主の利用を見込むVR・スマートロック―賃貸住宅フェアレポート1

2019年7月30日~31日、都内で「賃貸住宅フェア2019」が開催された。主に賃貸物件のオーナーなどに向けた展示会イベントだが、その中でも物件管理に利用できるIoTソリューションが幾つか展示されていた。

ナーブのVR内見

ナーブが展示していたのはVR内見のソリューション(トップ画像)だ。遠隔にある物件でも、ゴーグルを介して360度のVR体験動画によって、内見をすることができるというものである。

賃貸管理主の利用を見込むVR・スマートロック―賃貸住宅フェアレポート1
ナーブのVR内見用ゴーグル

実際にゴーグルを付けて体験してみると、賃貸物件の管理主が実際に撮影したVR動画が映し出された。特に画像のブレもなく、壁や床、玄関から部屋までの奥行など、基本的なチェックはVRを通して十分にできる印象を受けた。

展示会スタッフの説明によれば、賃貸を管理する側のメリットとしては、撮影用スマートフォンとカメラを持って歩くだけで画像データ作成を簡単に行える点とのこと。撮影後の動画手ブレを自動補正できる機能も今後実装予定だという。

このVR内見は、新築住宅の分野では既に導入されており、イオンのショッピングモールなどにトップ画像のような体験モニターが設置されているとのこと。賃貸物件向けは今後導入を予定しており、さらに内見後すぐに賃貸管理会社とモニターを通じて賃貸契約をべる機能の実装も見込んでいるそうだ。

次ページは、「民泊で活用されるユーエムイーのスマートロック

Previous

ドコモと大分県、5G・IoTを活用した地域活性化に向けて連携

ソルティスター、エッジでリアルタイム分析ができる組み込みデータベース「SpeeDBee」を発売

Next