スマートミラー・環境センサーによる家電管理 ―賃貸住宅フェア2019レポート2

2019年7月30日~31日、都内で「賃貸住宅フェア2019」が開催された。レポート2ではスマートホームのソリューションの展示をお伝えする。
レポート1はこちら

日栄インテックのスマートミラーとスマートホームコントローラ

2018年3月にGMOクラウドと中国O-filmグループのShenzhen Atte Smart Tech Co.,Ltd.(Atte)と、スマートホーム事業領域における製品・サービスの企画開発、製造、販売展開において協業を合意した日栄インテック。

「賃貸住宅フェア2019」会場で日栄インテックが展示していたのは、スマートミラーを活用したスマートホームソリューションだ。

スマートミラー・環境センサーによる家電管理 ―賃貸住宅フェア2019レポート2
日栄インテックが提供するスマートミラー

もともと日栄インテックではAndroid OSと連動し、天気やニュース・時刻・SNSなどをチェックしたり、Googleアシスタントを利用した音声検索ができるスマートミラーを開発していた。

今回の展示では、そのスマートミラーをスマートホームコントローラと連動させ、住居内の機器をミラー上で操作するソリューションが紹介されていた。連動して操作できるのは照明機器やカーテンのコントロール、音楽や動画の再生を行える。ミラーとコントローラの連動制御は、今後導入を進めていく予定とのこと。

スマートミラー・環境センサーによる家電管理 ―賃貸住宅フェア2019レポート2
日栄インテックのスマートホームコントローラ

展示会スタッフによれば、スマートミラーを利用した健康管理も考案中とのこと。具体的には映像脈波抽出技術(血液中のヘモグロビンが持つ緑色光を吸収する性質に着目し、血管の収縮・拡張に伴う反射の度合いを画像解析し、脈波信号を抽出、心拍数を推定する技術)を使った非接触型バイタルセンシングソフトウェアを導入し、心拍数を測れるようにするという。

次ページは、「大崎電気の「home watch」

Previous

MONETと安平町、配車プラットフォームを活用して安平町デマンドバスの予約ができる「MONETバス予約」を提供開始

経営層がデジタル活用し現場把握することで得られるメリット ーものづくり白書2019

Next