キーサイトテクノロジーズ、デバイスをテストするための新たなベクトル信号発生器を発表

キーサイトテクノロジーズは8月1日カリフォルニア州サンタローザにて新たなベクトル信号発生器の発売を発表した。

IoTおよび汎用デバイスを設計するエンジニアのテストには、様々なコンシューマー向け電子機器を処理し、様々な無線規格にまたがって受信機テストを生成する性能が必要であり、低価格、用途の広い計測システムであるということが需要だ。

今回発表されたCXG RFベクトル信号発生器では、同社のPathWave Signal Generationソフトウェアを使用し、設計の特性評価に対する信頼性を高めている。

9kHz-3/6GHzの周波数範囲および最大120MHzのRF変調帯域幅で、ほとんどの民生用ワイヤレスアプリケーションテスト要件をカバーしており、コンポーネントの基本的なパラメトリックテストと受信機の機能検証が可能だ。

また、信号作成に費やす時間を削減しながら、複数の規格に準拠したベクトル信号を使用したデバイスのテストが行える

そして信頼性の高いベクトル信号発生器によって、無線通信システム内部のコンポーネントを容易にトラブルシューティングし、セルフメンテナンスソリューションと低コストの修理により、ダウンタイムを最小化し、費用を抑えることができるという。

同社のCXGは、現在US16,995ドルで入手可能だ。

Previous

経営層がデジタル活用し現場把握することで得られるメリット ーものづくり白書2019

TED、製造装置の稼働監視AIを自動生成・監視するクイックAI監視ソフトウェア「CX-W」発売

Next