TrueSpotが自動車ディーラー向けの車と鍵の管理システムを発表

企業:

2019年8月20日IoTロケーションプラットフォーム開発者であるTrueSpotは、自動車ディーラー向けの車と鍵の管理システムの商用化を発表した。

自動車ディーラーにとっての課題は、紛失した車両キーの交換を自己負担で行なったり、修理のため移動する車の追跡に時間を取られることだという。

そういった課題にTrueSpotは、独自の位置探索付きワイヤレスタグを鍵や車のツール、自動車部品などに取り付け、低電力ネットワークとAppleまたはAndroidワイヤレスデバイス用のアプリケーションと組み合わせることで、鍵や使用中の車や販売ロットを把握することができるプラットフォームを構築した。

さらにディーラーの在庫システムと直接同期し、携帯電話から自動機能、オプション、価格にアクセスできる。

また、ディーラーが車両に近づくとその車両の仕様と価格を自動的にダウンロードすることができ、ディーラーは各テストドライブを記録することができるようになった。

そしてこのソリューションは低コストを売りとしており、主要な交換コストの削減と運用生産性の向上により、導入コスト以上の高い利益を得られるとしている。

Planoのメルセデスベンツの中古在庫マネージャであるBob Ortiz氏は、「TrueSpotは、紛失した鍵の交換コストから数千ドルの節約を生み出し、在庫と資産の管理方法を再定義しました。スタッフはより効率的に働くことができ、顧客満足度は上がり、事業運営の管理とコントロールに役立っています。」と述べた。

TS MOLO Overview
Previous

常葉大学・国土緑化推進機構・KDDIなど、IoTを活用した森林管理効率化に関する実証実験を開始

CACがHMSとIoT関連分野で連携、スマートファクトリー化に必要となるIoTソリューションを展開

Next