KDDI、auのホームIoT「au HOME」に新しいデバイス、料金プランを追加

KDDI株式会社と沖縄セルラー電話株式会社は2019年9月5日より、利用者のライフスタイルをIoTでサポートする「au HOME」において、新しいデバイスとして「ネットワークカメラ 03」「赤外線リモコン 02」「開閉センサー 03」をラインアップに追加すると共に、料金プランのうち「おすすめセットプラン」として「声で家電コントロール&みまもりセット」プランを追加する。

ネットワークカメラ 03は、家の中の様子を映像として映すことが可能で、さらに会話もできるコンパクトカメラである。既に発売している「ネットワークカメラ 01」に比べ小型化し、ネットワークカメラ 03へのアクセスにau IDログインの仕組みを採用することで、au IDの二段階認証にすることでよりセキュアな下でのカメラ利用を実現した。

赤外線リモコン 02は、既に発売している「赤外線リモコン 01」に比べ小型化したことに加え、温度、湿度、照度が遠隔で分かる。例えば、室内のエアコンが点けられたかどうかを温度で確認できたり、照明を点けたことを照度で確認したりすることが可能である。

開閉センサー 03は、長期間利用を想定し、2年間電池交換不要で利用可能だ。

また、au HOMEでは、利用者自身でデバイスを自由に選んで購入する基本プランと、利用シーンにあわせてデバイスをセットで提供するおすすめセットプランの2種類からプラン内容を選ぶことが可能である。

今回新しいau HOMEデバイス発売にともない、 おすすめセットプランで提供するカメラをネットワークカメラ 01からネットワークカメラ 03に変更する。そして、おすすめセットプランの中でも「Google Home Mini」が含まれた「声で家電コントロールセット」プランについて、新たに「みまもりセット」を追加した声で家電コントロール&みまもりセットを追加する。

なお、ネットワークカメラ 03の価格は8,800円、赤外線リモコン 02の価格は7,200円、開閉センサー 03の価格は3,800円で、声で家電コントロール&みまもりセットプランの価格は初回請求~24カ月分は月額1,470円、25カ月目以降は月額490円である。

Previous

試作・研究段階を超え、実装されだした水産業のデジタル化 ージャパンインターナショナルシーフードショーレポート

横浜DeNAベイスターズとKDDI、5Gで「スマートスタジアム」構築実現に向けパートナー契約を締結

Next