JR西日本とHAMOLO、安心・安全な街づくりを目指してBeaconを活用した「見守り位置検索サービス」試験運用を開始

西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)と株式会社HAMOLOは、安心・安全な街づくりを目指して、IT技術(小型の無線発信機「ビーコン」)を活用した「見守り位置検索サービス」の事業化に向けた試験運用を2月22日より開始した。

本格展開実施は、平成28年3月下旬を予定しているという。

 

「見守り位置検索サービス」とは

子どもや認知症高齢者の位置情報を、保護者や介護者などが専用アプリをインストールしたスマートフォンから確認できる仕組み。子どもや認知症高齢者がビーコンを所持し、駅や学校などに設置した「専用レシーバー」や「見守りアプリ」をインストールしたスマートフォンで、ビーコンの位置情報を把握する。

今回のサービスでは、学校などの定点だけでなく、「見守りアプリ」を持つ方のスマートフォンでも位置把握することができ(サポーター機能)、地域ぐるみで子どもや認知症高齢者を見守ることができる。

 

「見守り位置検索サービス」試験運用の概要

JR西日本およびHAMOLOは、同サービスの事業化に向けて、昨年11月から実証実験を行い、駅改札付近での機器の動作などを確認してきた。

今回、次のステップとして、駅や学校などに専用レシーバーを設置し、利用者(モニター)にビーコンを所持してもらい、実際に同サービスを利用したうえでの機能の確認や課題の把握を行う。

その後、試験運用の結果を踏まえ、本格展開を開始する予定だ。

 

「見守り位置検索サービス」試験運用の詳細

(1)実施スケジュール
平成28年2月22日(月曜日)から3月下旬

(2)専用レシーバー設置箇所
・JR神戸線 住吉駅、摂津本山駅、甲南山手駅
・神戸市立住吉小学校

(3)モニター協力
神戸市立住吉小学校に依頼

 

見守り位置検索サービス「キンセイ」

HAMOLOが提供する見守り位置検索サービス「キンセイ」の端末、及びスマートフォン用アプリが、2016年3月中旬にリニューアルされる。

今回のリニューアルでは、キンセイ端末の形状変更やカラーバリエーションの追加と、キンセイアプリに位置情報通知機能が追加されるという。

 

【関連リンク】
JR西日本(JR West)
ハモロ(HAMOLO)
キンセイ

 

【関連ニュース】
HAMOLO、JR西日本と共同で「見守り位置検索サービス」の実証実験を開始

Previous

Telit、新しい世代のアプリケーション開発環境Telit IoT AppZoneを発表、Androidの追加でプロトタイプ作成と市場投入までの時間を大幅短縮

KDDI研究所、人工知能を活用した故障予測でネットワークを自動運用する実証に成功

Next