富士通とエヌビディアが協業を強化、GPUコンピューティング向けのプラットフォーム導入を支援するプログラムを開始

富士通株式会社とエヌビディア合同会社は、グラフィックスカード内蔵型のサーバやHPC(ハイパフォーマンス コンピューティング)、AI、VDI(仮想デスクトップ)などPCサーバ事業における幅広い分野で協業を強化する。両社は、GPUコンピューティング(※1)向けのプラットフォーム導入を支援する「FUJITSU Server PRIMERGY / NVIDIA コラボレーションプログラム」を開始した。

同プログラムは、富士通とエヌビディアによるGPUコンピューティング向けプラットフォームの導入サポートを提供するとともに、従来より提供しているVDI向けの製品ラインナップをより一層強化するものである。同プログラムの主な特長は以下の通り。

  • GPUコンピューティングの導入をサポート
  • 富士通とエヌビディアは、FUJITSU Server PRIMERGY / NVIDIA コラボレーションセンターを共同で開設した。同センターでは、 検証用サーバを常時配備し、富士通およびエヌビディアの専任サポート要員が、GPUの導入によるVDI、HPCやAIシステムにおけるPCサーバ性能検証テストの実施、顧客がNVIDIA GPUを搭載したPCサーバを導入するにあたり必要なソフトウェアの設定作業から、テスト結果の妥当性の検証までを一貫してサポートする。

  • NVIDIA GPU対応製品ラインナップを拡充
  • VDIにおいて仮想環境での「Windows 10」の画像処理を実現する仮想化グラフィックスカード「NVIDIA Tesla M10」に、VDIヘのGPUリソースの割り当てを制御する「GRIDソフトウェア」をバンドルした「NVIDIA GRID 仮想PC for Windows 10」を富士通から提供開始する。

    また、富士通のPCサーバ「PRIMERGY RX2530 M5」および「PRIMERGY RX2540 M5」を、エヌビディアによるNGC-Ready認証(※2)を受けた構成で、富士通から提供開始する。同構成では、HPCにおけるAIの学習と推論、データ分析、画像処理などさまざまなワークロードを可能にする「NVIDIA T4 GPU」を搭載する。

※1 GPU(Graphics Processing Unit)の計算処理能力を活用し、要求の厳しいHPCやAI、VDIなどのワークロードを高速化すること。
※2 NVIDIA GPUを搭載したサーバが、データセンターやクラウド、エッジなどの領域において、優れたAIワークロードを実行できるかをエヌビディアが認証するプログラム。

プレスリリース提供:富士通

Previous

インフキュリオン・グループと日本マイクロソフト、金融機関のデジタルトランスフォーメーションを支援する次世代金融プラットフォームにおいて協業

NECプラットフォームズ、医療・介護関係事業者と在宅患者をセキュアにつなぐ遠隔診療システム向けプラットフォームを提供開始

Next