SUNDREDとLENSEE、旅行体験をシェアするプラットフォーム「ジャックイントラベル」の実現に向けて共創

企業:/

SUNDRED株式会社は、「新産業共創スタジオ」プロジェクトの第3弾として、株式会社LENSEEの参画を発表した。

LENSEEは、インターネットを介して人と人の視覚をつなぐことで、ある人間の旅行体験を別の地点の人間が共体験できる旅行体験「ジャックイントラベル」の実現を目指している。SUNDREDは、新産業共創スタジオを通じて、LENSEEとともに旅行体験に関わる新産業の共創を目指しパートナー企業を幅広く募集する。

2019年8月8日よりSUNDREDはLENSEEの経営顧問を担当しており、同事業構想の実現に向けてLENSEEの事業戦略及び旅行・観光分野における新産業の創造の加速を目指し、経営体制の強化を進めていく。

今後、LENSEEはジャックイントラベルの実現に向けた第一歩として、体験提供者(撮影者)と体験共有者(利用者)をつなぐ撮影依頼・請求サービス「lensee」を2020年1月に事業化予定である。

Previous

パナソニックの「顔認証ゲート」、法務省が空港での運用を拡大

mode-Duo、AI・画像解析技術を活用した残食調査支援システムの実証実験を保育園で実施

Next