スマートバリュー・スズキ・丸紅、 カーシェアリングサービスの実証実験契約を締結

近年の自動車産業において「Connectivity(つながる車)」「Autonomous(自動運転化)」「Shared & Services(シェアリング化・サービス化)」「Electric(電動化)」の頭文字をとった「CASE」の4分野では、商品構造やバリューチェーン、ビジネスモデルなどが変化しつつあるという。

特に「S」を代表するカーシェアリング市場は、クルマを所有せず必要なときにだけ使う「所有からシェア」の考え方が広がり、右肩上がりで成長している。またカーシェアリングは、MaaS(Mobility as a Service)を構成する重要な要素の一つとしても注目されている。

株式会社スマートバリュー、スズキ株式会社、丸紅株式会社の3社は、大阪府豊中市において、スズキ四輪代理店の駐車場とシェアリングサービスに用いられるシェアリング駐車場を活用した、郊外型カーシェアリングサービスの実証実験に関する契約を締結した。

同実証実験では、郊外住宅地における自宅近くの日常生活用途をターゲットに、スズキのコンパクトカーを使ったカーシェアリングサービスを提供する。あわせて、スズキは四輪代理店である株式会社スズキ自販近畿 アリーナ豊中でカーシェアリングサービスを導入し、利用者へのサービス向上を図る。同実証実験の詳しい内容は以下の通り。

  • スマートバリューが開発した、クルマのサービス化を推進するプラットフォーム「Kuruma Base」(※)を活用した、カーシェアリングサービスの構築と利用情報の共有
  • スズキ四輪代理店周辺地域のシェアリング駐車場、及びスズキ四輪代理店へのカーシェアリング用車両の配置

※ シェアリングサービスなどの「クルマのサービス化」事業を行う事業者向けのプラットフォームを月額料金で提供するサービス。クルマに接続する専用端末、クラウド上の管理コンソール、利用者向けスマートフォンアプリ、運用サポートサービスで構成される。

Previous

IDC、顧客エクスペリエンス(CX)テクノロジーに対するIT支出額は8.2%の年間平均成長率で2022年には6,410億ドルに達すると予測

京セラと宇部興産が合弁会社設立、5G通信基地局用のセラミックフィルタ事業を拡大

Next