レノボ、様々な使用環境に対応したIoTエッジ・サーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を提供開始

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社(以下、レノボ)は、IoTエッジ・サーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」の提供を開始した。

Lenovo ThinkSystem SE350は、IoTエッジ・コンピューテイング向けに設計され、クラウドにデータを送る前段階で、IoTデバイスなどからデータ収集し、データ処理をおこなう位置付けのx86サーバーである。

サーバーの主な設置場所であるデータセンターやサーバールームのほか、店舗、製造現場、物流施設など、多様な環境での使用を想定し、サーバー・グレードの基本機能を備えつつ、稼動可能温度は0度から55度、防塵対応、対衝撃/対振動構造といった堅牢性、保守性を簡素化し、システムの稼働時間を増やすための可用性、管理性とセキュリティを強化している。

さらに1Uのラック・サーバーの約半分のサイズに収めることで、短い奥行きのフットプリントとすることで様々な使用環境に対応する。構成済モデルとして「ThinkSystem SE350 有線モデル」3機種と「ThinkSystem SE350 無線対応モデル」3機種を同日より提供を開始する。

ネットワーク通信は通常の有線ネットワーク通信に加え、Wi-Fi接続、LTE接続もサポートし、将来5G対応を視野に入れている。標準ラックには、2台並べて設置することで1Uラック・サーバーと同様のマウントが可能になるほか、壁に直接ビルトするための専用ラックオプション、縦置きに設置するためのブックシェルフオプションなども発売する。

レノボ、様々な使用環境に対応したIoTエッジ・サーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を提供開始
倉庫でのセンサーによる在庫管理、商品分析、および、分析結果の利用
レノボ、様々な使用環境に対応したIoTエッジ・サーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を提供開始
店舗での売れ筋傾向、利用者への活用
レノボ、様々な使用環境に対応したIoTエッジ・サーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を提供開始
システム・ルームにて各種センサー・データをエッジ・サーバーにて収集・活用
なお、Lenovo ThinkSystem SE350の仕様は以下の通り。

  • 1Uの高さ、ハーフ幅のIoTエッジ・サーバー
  • 1ソケット インテル Xeon D-2100プロセッサー、最大16コア(最大4~16コア)
  • 最大256GBメモリー搭載
  • 有線(SFP+)モデルと無線対応(WiFi/LTE)モデル、5G対応予定
  • データストレージは、最大16TBのSSDストレージ
  • NVIDIA T4 GPUの搭載サポートにより、AIソリューションへの活用
  • 堅牢性、周囲温度0・55℃に対応、耐粉塵、対応衝撃30G、対応振動 最大3G
  • システム管理・Lenovo XClarity
  • ThinkShield SecureVaultキー管理(モーションおよび不正侵入/改ざん防止対応)
  • オプションでSED暗号化ストレージ、鍵付きロック対応筐体
Previous

マクニカがシーメンスの「MindSphere パートナープログラム」に参加、AI/IoT活用のスマートファクトリー実現に向けた新サービスを提供

凸版印刷とタカヤ、ICタグを活用して吊り下げタイプの商品棚に陳列された在庫をリアルタイムで確認できるスマートシェルフを開発

Next