ACCESS、長谷工コーポレーションの「ICTマンション」向け情報プラットフォーム「LIM Cloud」を開発

株式会社ACCESSは、株式会社長谷工コーポレーションが新たに展開する「ICTマンション」プロジェクトに参画し、情報プラットフォーム「BIM & LIM Cloud」のうち「LIM Cloud」構築を担当することになった。

ICTマンションは、長谷工コーポレーショングループが保有するマンションに各種センサーや顔認識システムなどを導入し、各種住宅設備から得られる情報と合わせて、様々なデジタルデータを「暮らし情報」として、BIM & LIM Cloudに集積し、分析・活用することで、セキュリティ、見守り、情報サービス、防災、修繕といった日々の暮らしの安心安全、また建物の長寿命化に活用していくものである。

今回ACCESSが開発を担当したLIM Cloudは、長谷工コーポレーションが提供するAWSのインフラを活用したサーバーレスプラットフォームであり、センサーデータ、ライフログデータなどのくらし情報をBIM & LIM Cloudに集約・蓄積して分析・解析することにより、入居者の利便性向上やサービス向上などの提供を目指すものである。

ACCESS、長谷工コーポレーションの「ICTマンション」向け情報プラットフォーム「LIM Cloud」を開発
ACCESSが担当する「LIM Cloud」構成(イメージ)
Previous

DeNA、AIで一人ひとりの声からオリジナルグラフィックが作れる「fontgraphy」を一般に公開

NECとセブン銀行、顔認証・QRコード読取対応の次世代ATMを導入開始

Next