KDDI、台風15号の影響に伴い「船舶型基地局」の運用を開始

台風15号の影響により電力・通信の復旧活動が長期化する見込みであることから、KDDI株式会社は、KDDIグループが所有する海底ケーブル保守船「KDDI オーシャンリンク」を千葉県館山市沿岸部に停船させ、9月15日から船舶型基地局としてエリア復旧を開始した。

船舶型基地局とは、2011年の東日本大震災で、道路の寸断や光ケーブルの切断により陸路からの基地局復旧に困難を要した経験から、海側からエリア復旧が可能な沿岸地域を船舶に搭載する基地局によって通信を復旧すべく、関連機関の協力のもとで実証試験や訓練を実施し備えていたものだ。2018年北海道胆振東部地震の際に、日本で初めて、船舶型基地局によるエリア復旧を図り、今回が2回目の運用となる。

これにより、今回の台風の影響で陸上の基地局が十分機能していない周辺地域でも、auの顧客が携帯電話サービスを利用できるようになる。

Previous

マクニカとKudan、モビリティビジネスでの新たな付加価値ソリューション実現に向けて協業

ユニバーサルロボット、可搬重量16kgの協働ロボット「UR16e」を発表

Next