パナソニック、5G搭載車の通信性能を全方位で測定可能な電波暗室を構築

5Gでは複数のアンテナ(MIMO(※1)、ビームフォーミング(※2))を使用して大容量通信を実現するが、車両搭載時は車体による電波の反射や電子機器が放出する電磁波ノイズの影響を受け、5Gアンテナや無線機単体が持つ性能をそのまま発揮できない場合がある。

そこで、パナソニック株式会社は、今後5G搭載が進むと予想される自動運転車・コネクテッドカーをターゲットに、車両丸ごと、全方位で通信性能測定が可能な電波暗室(神奈川県横浜市)を構築した。同電波暗室の測定システムの特長は以下の通り。

  1. 効率性を重視した全方位測定
  2. 車両を乗せたターンテーブルを360度回転させながら、疑似基地局タワーを円弧状に移動させ、タワーと車両の距離も変化させることで全方位測定が可能となった。700MHz~9GHz、28GHz帯(その他の周波数も対応可能)の周波数で、最大200の周波数ポイントを同時に測定でき、測定効率化を実現する。

  3. MIMOアンテナの通信性能評価とビームフォーミング評価
  4. パナソニックのアンテナ技術者が、各アンテナの詳細な測定データ解析を行うことにより、複雑なMIMOアンテナやビームフォーミングの通信性能評価の提供が可能である。

  5. デザイン性と通信性能の両立
  6. 車両デザイン設計の初期段階から、自動車メーカーと共に同電波暗室を用いた共同評価を行うことで、車両のデザインコンセプトと通信性能を両立させ、5Gアンテナと無線機の適切な配置導入に貢献する。

※1 Multiple Input Multiple Outputの略で、複数のアンテナで送受信することによりデータ通信速度を高速化する技術。
※2 特定の方向に電波を集中的に向けることで通信品質を向上させる技術。

Previous

ローム、ソニーのIoTスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE」向けのWi-SUN拡張ボードを発売

MODE、併走型IoTビジネス開発サービス「MODE Labs」を提供開始

Next