シャープ・KDDI・セコムなど7社、経産省「LIFE UP プロモーション」に参画

「LIFE UP プロモーション」とは、経済産業省平成30年度補正予算「生活空間におけるサイバー/フィジカル融合促進事業費補助金」に基づき、IoT家電・機器から収集する生活データを活用したサービスの利用契約を行った消費者に、ポイントやディスカウントなどの特典を与え、ユーザー体験の創出を促進する事業だ。

このほど、シャープ株式会社、KDDI株式会社、セコム株式会社、株式会社tsumugなど計7社から構成する「シャープコンソーシアム」は、同プロモーションの対象コンソーシアムとして、2019年10月1日から事業を開始する。

同プロモーションに参画して異業種企業間でIoT技術を連携することで、生活データを活用した新たな高付加価値サービスのビジネスを開始し、そのサービス契約を行い、一定期間利用した顧客にインセンティブ(※)を提供し、利用の促進を図ることで、スマートライフの実現を促進する。

シャープを幹事社とする同コンソーシアムの概要は、以下の通り。

  • プラットフォーム事業者:シャープ、KDDI
    同事業では、メーカーや通信手段が異なる機器から顧客の同意を得た上で取得される様々な生活データを一箇所に集約し、各種サービスとの連携を可能にするデータプラットフォームを提供する。
  • サービス事業者:シャープ、KDDI、セコム、tsumug、静岡ガス、中部テレコミュニケーション
    上記のデータプラットフォームを利用し、取得した生活データを活用することで、家事負担の軽減や日常的な見守りを実現するサービスを提供する。

    • シャープ
      スマートライフ家電による生活データを活用した各種「COCORO+サービス」により、顧客の好み、習慣をふまえた献立・調理、洗濯、空調に関するおすすめや自動制御などを行うことで、家事負担の軽減、ゆとり時間の創出に貢献する。
    • KDDI/静岡ガス/中部テレコミュニケーション
      au HOME/with HOMEデバイスおよび、シャープ家電情報をau HOME/with HOMEアプリで一元的に管理し、家族の見守りや、家事負担の軽減、ゆとり時間の創出に貢献する。
    • セコム
      「セコムみまもりホン」のオプションとして、スマートライフ家電による生活データを活用し、見守る側、見守られる側双方に負担の少ない日常的な見守りを実現する。(セコムグループのセコムトラストシステムズ株式会社が、一部業務の委託を受けて参画。)
    • tsumug
      シェアリングスペースにおけるスマートロックの利用ログと、生活家電の利用ログを紐づけて利用者に合ったおすすめ情報を提供することで、場所、時間に縛られない働き方と家事の両立を支援するサービスを実現する。
  • 機器メーカー:シャープ、KDDI
    • シャープ
      スマートライフ家電(エアコン、空気清浄機、冷蔵庫、洗濯機、ヘルシオ、ヘルシオホットクック、テレビ、ロボホン、ペットケアモニター)、コイン式全自動洗濯乾燥機
    • KDDI
      au HOME/with HOMEデバイス(ネットワークカメラ、スマートロック、スマート電球など)

なお、同プロモーション対象期間は、2019年10月1日~2020年1月26日の間で対象サービスの利用を開始し、1ヶ月以上サービス契約・データ提供が継続しているものが対象となる。

※インセンティブは提供各社によって内容が異なる。

Previous

経産省、IoT家電・機器を活用した「LIFE UP プロモーション」事業開始

リコー、問い合わせ業務を効率化するAI搭載チャットボット「RICOH Chatbot Service」発売

Next